チアシードとバジルシードの違い

チアシードとバジルシードの違い

チアシードとバジルシードの見分け方は、見た目で簡単にわかります。

●チアシード
黒、茶、灰色のものが混じっている。

●バジルシード
黒一色。


☆チアシード・・・シソ科サルビア属
 生産国:メキシコ、アルゼンチンなどの南米


☆バジルシード(スウィートバジルシード)・・・シソ科オシウム属
 和名:メボウキ
 生産国:タイ、カンボジアなど

チアシードとバジルシードは、似ているようでまったく違う品種です。
確かに水分を含むと膨らむというのは同じですが、栄養成分が異なるのです。

バジルシードには、チアシード特有のαリノイン酸やリノール酸がどのように含まれているか、まだ明らかになっていません。

チアシードよりもバジルシードのほうが、より膨らむ。

チアシード:8〜10倍

バジルシード:30倍


※注意※

バジルシードから、発癌性物質(アフラトキシン)が検出された事例があります。

でもそれは、バジルシードについたカビから検出されたもので、今はそういったことが無いよう検査を受けるようになっています。

だからといって、アフラトキシンの分析データの無い商品をご購入されるのは、とても危険です。
(個人で輸入されているものは、分析が行われていないものが多く存在する。)

体内に入るものですから、自分で納得出来るまで調べてみて、なおかつ信頼のおけるショップで買うことをお勧めします。
posted by ダイエット考察  at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | チアシード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62592298

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。