チアシードはダイエットに効果はあるのか

チアシードとは、シソ科サルビア属ミントのバジルシードの1種。
主にメキシコなど南米で栽培されている果実の種のことをいいます。

見た目は直径2mmほどのゴマのような種。

味は無味無臭で、食物繊維、αリノレン酸、アミノ酸などを豊富に含んでおり、種子表面の水溶性繊維が水や胃の消化液を含むことで約10倍に膨む。
そうして満腹感を持続させてくれるのです。

摂取の仕方は、食前(30分〜1時間)にスプーン1杯程度(1回約4g〜9g程度を目安)摂取することで、食事の時間にはおおよその満腹感が得られ、食べ過ぎや間食が抑えられるということです。


■チアシードを試した方の声

・チアシードを飲み始めて、1ヶ月くらいがたちました。
摂取の仕方は、朝食として紅茶に大さじ1杯くらいのチアシードを入れて、飲んでいます。
後は、夕食の前に飲み物に入れて飲んだり、料理に使ったりもします。味は、無味無臭なので、とても摂取しやすいです。
飲み物に混ぜたときは、5分くらい置いてヌルヌル感を出して飲むと、タピオカやナタデココみたいな食感になります。
効果の方は、お腹が膨らみ空腹感を抑えられるので、間食を我慢するのがとても楽になりました。

あとは、夕食のお米を少なめにしているのですが、チアシードのおかげでほとんど苦になりません。
また、チアシードを飲む前はかなり便秘がちだったんですが、とても軽くなりました。


・満腹感は確かにあります。でも、おなじ膨らむ種ならバジルシードの方がとても満腹感がありましたよ。これだけ差があるのなら、コスト的にもチアシードよりバジルシードの方がお勧めかな。
結局、残念なことに購入した1箱を使い切ることはなかったです。


・チアシードを始める前は、朝はカロリーメイト2本、昼は会社の食堂、夜は寒天スープ+ヨーグルト+カロリーメイト2本、30分間の軽い運動と腹筋10回を毎日続けました。

そんなこんなで、体重は−3、ウエストは、−6cm落ちました。

でもこんな食生活ではストレスがたまり辛かったので、2ヶ月目からは夕食のおかずは普通に食べ、そのかわりご飯の量をお茶碗半分にしました。

これでウエスト−9cmまで引き締まりました。でも体重は、止ってしまいましたので、チアシードをはじめたんです。
そうすると、ウエストが更に−1cm。

体重も、また減り始めました。ちなみに運動30分間と腹筋は、やめずにずっと続けています。

実際チアシードをとり始め1ヶ月で、2kg前後の減ですが、結構体重が減ってからの結果なので、最初からしていたら良かったなと思います。
ダイエットに効果があると感じました。
posted by ダイエット考察  at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | チアシード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。