チアシードとは、シソ科サルビア属ミントのバジルシードの1種

チアシードとは、シソ科サルビア属ミントのバジルシードの1種。
主にメキシコなど南米で栽培されている果実の種のことをいいます。


見た目は直径2mmほどのゴマのような種。
味は無味無臭で、食物繊維、αリノレン酸、アミノ酸などを豊富に含んでおり、種子表面の水溶性繊維が水や胃の消化液を含むことで約10倍に膨む。
そうして満腹感を持続させてくれるのです。

摂取後は満腹感があり間食を抑えられるため、新しい食物繊維のダイエットサポート食品、として今注目されています。

チアの種には、18種類のアミノ酸が全て含まれています。

そのうちの抗肥満アミノ酸は、体内に入った油脂が分解・ 吸収されるのを防ぐことが出来、脂肪燃焼アミノ酸というものは、UCP(脂肪燃焼タンパク質)に働きかけ、蓄積された体脂肪の分解をサポートする働きがあるのです。


チアの種子成分の約3割を、油分が占めており全体の約8割に、α-リノレン酸、リノール酸が含まれています。

最近、コレステロールを減少させる働きがあると言われているリノール酸の過剰摂取によりバランスが崩れ、皮膚炎や花粉症などのアレルギー性の病気が増加傾向にあります。


チアシードには、この二つの脂肪酸が含まれていて、その中でも不足しがちで酸化しやすいα-リノレン酸が6割も含まれています。

以上のことから、チアシードはただ単に満腹感を与えてくれるだけでなく、その種子自体にはとても優れた栄養分が含まれる為、アレルギー体質の改善や生活習慣病の予防等も期待できる健康食品と言えます。


■摂取方法

無味無臭で食べやすく、膨らむことによってタピオカやナタデココの食感に似ているので、砂糖やココナッツミルクを加えてデザートにしたり、ジュースに入れたりして摂取されることが多いです。

他にも、ヨーグルトやゼリーなどにトッピングしたり、お好みのスープに入れたり。とにかく、何にでも合います。

大量摂取には気をつけて、美容と健康の維持におおいにお役立てください。
posted by ダイエット考察  at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | チアシード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。