チアシード

●チアシードについて

チアシードとは、シソ科サルビア属ミントの一種で、メキシコを中心とする南米で栽培される果実「チア」の種のことをいいます。

そのチアは「小さじ一杯の種と瓢箪(ひょうたん)1杯の水で24時間走り続けられる」という伝説もあるほど。

南米ではとてもポピュラーな食べ物で、一粒の大きさは直径約 2mmととても小さく、見た目は黒ごまの様な種子で水に浸すとドンドン膨張します。

無味・若干のハーブ臭で食べやすく、新しいダイエットサポート食品として注目されているのです。


●チアシードのすごいところ

それはずばり『10倍に膨らむ』という性質^^

なんとチアシードは、水分を含むとゼリー状の物質が約10倍にも膨らみます。

このゼリー状の成分はグルコマンナンといい人間が消化できない食物繊維なのです。
ちなみにこんにゃくにも含まれています。

このグルコマンナンが水分を含むと膨張するため、 少しの食事量で満腹感を得ることができる、というわけです。

チアシードには食物繊維だけではなく、アミノ酸・カルシウム・マグネシウムも含まれているため、 不足しがちな栄養素も同時に摂取できます。

つまり、チアシードは少量摂取するだけで満腹感を得ることができるだけでなく、食物繊維も豊富なので便秘も解消できる、という超優れモノの食品なのです!


●豆知識

チアシード(Chia Seed)の「チア(Chia)」は、メキシコで「力」を表す言葉。
シード(Seed)は種。
チアシードは「力の種」と呼ばれるくらい凄い食品なのだ。
posted by ダイエット考察  at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | チアシード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。