サプリメント

巷で話題のダイエット成分の期待される働きなんかを説明してますので、ぜひあなたのダイエットライフにお役立てくださいな。

記事内容は効果や効能を保証するものではありません。
きちんと使用するサプリメントなどの説明をご覧頂き、
本情報はご自身の責任の範囲でご利用ください。

アミノ酸(オルニチン、アルギニン、トリプトファン、グルタミン、グリシン、チロシン)

これらは成長ホルモン合成の基。成長ホルモンが増えるってことは、体内で血や肉を作ろうってなること。

これが行われるときには脂肪が分解されてできる脂肪酸が筋肉に取り込まれてエネルギーとして使われるってワケ。

要するに脂肪が減るってことね。
合わせて、ビタミンB6、ナイアシンアミド、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンCをとると、成長ホルモンの分泌が促進されるみたい。

α−リポ酸

これはCoQ10ととってもよく似た働きをするのさ。
細胞内で糖が燃える(ATPになる)ときに必要なものなんだ。
これも年を重ねると減ってしまうんだってさ。CoQ10よりも抗酸化性が高いって言われているよ。

L-カルニチン、CLA、クエン酸、CoQ10もとって相乗効果期待だね。

烏龍茶ポリフェノール

ウーロン茶に含まれるポリフェノール成分。カテキンがいくつか結合したもの。

カテキンは油を吸着しやすいらしい、さらに、ウーロン茶ポリフェノールは分子が大きく体内に吸収されにくいんだ、
だからウーロン茶ポリフェノールと
くっついた脂質はそのまま体外へ排出されやすいってワケ。

L-カルニチン

羊肉やダチョウ肉に多く含まれてるよ。

脂肪が分解してできる脂肪酸を細胞内のミトコンドリア(ATPを作るところ)に運ぶんだって。
これは普通あんまり不足しないんだけど、不足してなくても摂取すれば脂肪燃焼が促進されるらしいよ。

ガルシニア

東南アジアに生えてる柑橘類のガルシニアカンボジアの成分。
この成分のヒドロキシクエン酸(HCA)は脂肪の吸収、合成を抑えるんだって。

キノコキトサン

キノコの食物繊維。キトサンは脂肪とくっついて、脂肪をウンチとして排泄するよ。

血中コレステロールの吸収を抑えるみたい。要するに脂肪の吸収を防いでくれるのさ。
でもとりすぎ注意ね。

クエン酸

レモンのすっぱい成分。筋肉が動くためにはATP(アデノシン三リン酸)って言うのが必要なの。

これがエネルギーね。脂肪やたんぱく質や糖は消化されてエネルギーになるんだけど、
このときにクエン酸サイクルってのが働かないといけない。名前の通りクエン酸が使われるわけ。
このサイクルがうまく働かないとエネルギーの換わりに乳酸ってのができるのさ。

これが筋肉痛ってわけ。つまり不完全燃焼ね。
筋肉で使われるはずだった栄養は使われずにたまっちゃうよね。

グレープフルーツ、ラズベリー

両方とも香り成分に脂肪分解と脂肪燃焼の効果があるみたい。
連続してかぎ続けると、効果は薄れちゃうらしいから、時間をおいてかぐのがいいみたい。

グレープフルーツにはワタの部分にも脂肪燃焼効果があるみたい、でも苦そう。

CoQ10(補酵素Q10)

これは若返りの成分とも言われ巷では話題になりましたよね、心臓にもいい。

これって細胞内で糖が燃える(ATPになる)ときにぜーっ対に必要なものなんだ。

えっ、糖が使われないとどうなるかって?血中内にあふれた余分な糖は結果的に脂肪になるのです、

はい。恐いですね。しかも恐ろしいことにCoQ10って年を重ねるごとに減っちゃうんだって。

水に溶けないで油に溶けるから、油と一緒にとると吸収がいいんだ。L-カルニチン、CLA、クエン酸もとって相乗効果期待だね。α−リポ酸もかな。

CLA(共役リノール酸)

ひまわり種から取れる油。羊肉や牛肉、ゴーヤにも入ってる。これすごいんだ、油なのに血中脂肪が脂肪細胞に取り込まれるのを抑えるのさ。

そいでもって脂肪分解酵素も活性化するから脂肪分解してくれるんだって。

筋肉量も増えるみたい。

内臓脂肪撃滅に効果有り!L-カルニチン、CoQ10ととるといいらしいよ。

シトラス・アランチニウム

だいだいの皮のエキスです。 シトラスの有効成分シネフリンが交感神経を刺激し、脂肪分解を促進し、筋肉内にエネルギーを取り込む働きを高める

食物繊維群(フコイダン、β―グルカン、寒天、サイリウム、キトサンなど)

水溶性、不溶性があるんだ。
水溶性はコレステロール吸収を抑えたり、糖分吸収を抑えてくれる。

不溶性は脂肪を吸着して外に出す。どちらも大腸に良い効果があるみたい、
便秘や宿便にも効果的よ。1日20が推奨だけどそんな取れないよね。

白いんげん(ファセオラミン、ファビノール)

これは炭水化物の主成分であるでんぷんの体内吸収が抑えられるらしい。

だから結果としてブドウ糖(でんぷんが分解されたもの)が体内に取り込まれるのを防いでくれるみたい。

効果は超強力みたいだから摂取量は守ってね。

7−KETO(7-ケトン)

DHEA(副腎皮質ホルモン様物質:デヒドロエピアンドロステロン)の改良版。
DHEAのホルモンバランスを崩しちゃう副作用をなくしたもの。
体の熱生産効果をUPして、体脂肪を減らす効果があるんだって。
結果的に代謝が高くなるから脂肪がどんどん消費される⇒自然にやせられる
⇒体脂肪率が減少するって効果があるみたい。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)

これは筋肉になるアミノ酸。筋肉量が増える⇒代謝量がUP
⇒エネルギー消費が増える⇒痩せるって訳です。

ビタミンB群

健康にもダイエットにも欠かせないビタミン。ビタミンB群はエネルギーの生産を促進したり、
糖代謝&脂質代謝にとっても重要!ビタミンB群不足だと、代謝の悪い体、つまりやせにくい体になっちゃうんだよ。


フーディア

カラハリ砂漠に生えてるサボテンのフーディア・ゴードニ。

満腹感が得られるみたいで砂漠の先住民(サン族)は、狩の間に
おなかがすいたらしのげるようにもって歩いたらしい。

「腹いっぱいだぁ」っていうのはどうしてなるかっていうと、満腹中枢が判断してるのさ。

血糖値(血中のブドウ糖量)が下がるとおなかがすいたよーっ、
血糖値が上がる(ご飯食べる)と腹いっぱいだーってね。
ブドウ糖はエネルギーになるけど、使われないであまると脂肪になる。
フーディアってブドウ糖と似た働きで満腹中枢に「腹いっぱいだぁ」という誤判断させちゃうんだ。

つまりブドウ糖がないのに、ブドウ糖があるみたいに判断するってこと。

食べなくても満腹でいられるわけ。


フォースリーン

コレウスフォルスコリというシソ科の植物の根から抽出された成分。
フォースリーンにはジテルペノイドってのが含まれてて、脂肪細胞内で脂肪燃焼を促進するみたい。

筋肉細胞内では筋肉組織を増強するから、
2つの効果で高LMB(除体脂肪体重)を期待できるらしいよ。


カフェイン

カフェイン入りの飲み物、紅茶やコーヒーを飲むと覚醒して眠れなくなっちゃうよね?

この作用は、脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活発にしてくれるっていう作用もあるのさ。

つまりカフェインによってリパーゼが脂肪を分解するってわけ。
でも、とりすぎ注意ね、胃荒れ、心臓負担になるよ。下手すると命落としちゃうから。


唐辛子(カプサイシン)

おなじみですね、この辛―い成分。これをとると体内でアドレナリンを呼び起こすの。
アドレナリンはエネルギー代謝を高めて、体脂肪の分解、燃焼を促進するんだ。
体脂肪をどんどん燃えやすくするってわけ。

サプリを買うにもお金がかかります。なにげにダイエットってお金かかりますよね。

もし、お小遣いが足りなくなったら・・・
こちらのブログでお小遣い稼ぎの情報を仕入れてみてください。
お役に立てると思います。
興味本位でも大歓迎です;

誰にでも100%ノーリスクで稼ぐ方法

無料レポートのダウンロード先はこちらです↓

http://yamato.hahaue.com/100.pdf

アドレス上で、右クリックをし、ファイルをダウンロードしてください。


posted by ダイエット考察  at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | サプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サプリメント
Excerpt: トラックバック失礼いたします。ブログ管理人のみやこです。 産後 ダイエットの情報を出来るだけ分かりやすく提供できるブログ作りを目指しています。あなたに育てられるブログです。応援よろしくお願いします。..
Weblog: 産後 ダイエットで綺麗ママ
Tracked: 2007-02-21 20:13


Excerpt: アデノシン三リン酸アデノシン三リン酸(アデノシンさんリンさん)とは生物体で用いられるエネルギー保存および利用に関与するヌクレオチドであり、すべての真核生物がこれを直接利用する。生物体内の存在量や物質代..
Weblog: 栄養取ってる?
Tracked: 2008-02-06 09:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。